la*la*sun@home

暮らしの中で見つけたチョコットの幸せ。ときどき旦那くん。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺ズ赤のれん

1070864a.jpg

麺ズ赤のれんには以前独りで行った事があり、丁寧に仕事された基本に忠実なトンコツ名店との印象を持っていた。さゆに紹介するつもりで来店。

1070844a.jpg

店内はこじんまりとしているが清潔で照明が明るい。

1070851a.jpg

色の割には薄味でアッサリ。

1070857a.jpg

キクラゲやチャーシューも嫌味なく美味しい。

1070861a.jpg

ほんと、これといって激しくアピールしてくる味ではないが、ギョウザも焼き飯も中華料理屋一歩手前のラーメン屋さんらしい美味しさ。

1070862a.jpg

心なしか娘も若干静かに食べてる気がする。

1070859a.jpg

ラーメン屋さんにしてはキチンとしすぎているというか、アッサリ!サッパリ!オシズカニ!って雰囲気。熱気のようなものが薄い。けど情熱が感じられないかと言えば、味にも店の雰囲気にも秘めたる闘志のようなフツフツとしたオーラが見え隠れする。

1070863a.jpg

だが、案外研究熱心すぎて味が安定しない店なのかもしれない。頑固一徹に味へ拘る重さのようなものは感じられなかったし、以前に食べた時と若干味が変わってたように思えた。

具体的には、以前は基本に忠実なトンコツのアッサリさだったのが、今回は多分魚介のダシを使って味の深みとキレを両立させようと狙った節がある。そのバランスも過渡期の危うさ、狙いに迷いや色気を感じる。そして麺は魚介を使ったモノに合わせて変更をしておらず、たぶん純トンコツ時と同様。食べ終わり時にドンブリの底へ魚粉が若干沈んでいた。

なんだか辛口批評になってしまったが、気付いてしまうものは仕方がない。このお店、お奨めか?と訊かれれば、変な店に行くくらいなら昼時に寄るには良いと思います。俺は嫌いじゃない。トッピングやサイドメニューも手抜きや手落ちは無いしね。

( by旦那くん )

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

さゆ

Author:さゆ
                             やさしいダンナさまと娘の三人暮らし*

私さゆが見つけたミクロな幸せを気ままに
綴らせていただきます^^

撮りためた写真で思い出しながら過去の日記も
更新してます☆
最新日記と合わせて読んでね♪

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。